2023.12.27 電話

CTIの活用とは?店舗における成功のポイントと事例を解説

店舗CTIアイキャッチ

 

2023年現在、CTIの導入率は、日本国内において約20%程度と推定されています。これは、近年の働き方改革やデジタル化の推進に伴い、CTIの導入が進んでいることによるものです。
小売業や飲食店などの「店舗ビジネス」におけるCTI活用は、顧客対応の効率化をはかることができ、今後注目したいシステムです。導入の大きなメリットは、迅速な応対や顧客データの一元管理、マーケティング戦略の最適化が挙げられます。CTI導入および活用は、店舗ビジネスに新たな価値をもたらす重要なステップといっても過言ではありません。本記事では、CTI導入と具体的な活用シーンなどを解説します。

CTIとは?

CTIは店舗運営をスムーズにし、顧客満足度を高めるための重要なツールです。コンピュータと電話システムを統合し店舗の通信を効率化することで、顧客サービスの向上が可能となり、電話応対の自動化や顧客情報の即時表示が実現します。
また、CTIの進化は、通信技術の革新と共に進んでいます。AIの統合やクラウドベースのソリューションが顕著で、これらは「顧客体験」の向上に大きく寄与しています。店舗型のお店においてコミュニケーション効率化が求められる中、CTIの進化はその中核を担い、多くの企業にとって必要不可欠な技術となっていると言っても良いでしょう。

店舗でのCTI活用のメリット

働き手が減るなかで、業務効率をあげることは大きな課題となっています。CTIを導入することで、顧客からの電話を迅速かつスムーズに処理できるようになるのが大きなメリットです。さらに5つのポイントに分けてメリットをみてみましょう。

顧客サービスの向上

CTI導入により、店舗の顧客サービスが飛躍的に向上します。迅速な応対や個別対応が可能となり、顧客満足度が高まります。顧客との関係強化に貢献しています。

効率的なコミュニケーションの実現

電話とコンピュータの技術統合により、迅速かつ効率的なコミュニケーションが実現し、顧客満足度の向上に直結します。

売上向上への戦略

顧客データの分析により、効果的なマーケティング戦略を立てることが可能です。人材不足の中でもCTIが事業効率化を図り、売り上げ向上を可能にします。

データ管理と分析の強化

データ管理を効率化し、顧客の通話履歴や行動パターンを分析できます。この分析結果により、サービスの改善が可能になります。

CTI導入におけるデメリットと注意点

メリットがあればデメリットも存在します。CTI導入のデメリットは便利である反面、初期投資が高額になる事や複雑なシステム管理が必要になることです。注意点として、コミュニケーション効率を損ねず顧客満足度を保つためには、従業員に適切なトレーニングやスキルの向上が求められます。また、セキュリティへの徹底した配慮が不可欠です。個人情報の保護に関する規制も厳しくなり、適切な暗号化技術の導入やアクセス権限の厳格な管理、漏洩や不正アクセスから保護する体制を整える必要があります。

実際の店舗でのCTI導入事例

実際の店舗でのCTI導入事例として、アパレルショップがCTI活用により顧客対応を効率化しました。例えば、顧客からの問い合わせ時に過去の購入履歴や好みを即座に把握し、お客様に沿った商品情報を提供。その結果、顧客満足度が向上し、リピート率の増加に繋がった導入事例です。

小売業界:顧客体験の向上の事例

小売業界でのCTI活用成功事例は、通信技術を駆使し顧客体験を革新。顧客の問い合わせを即座に解決し、サービスの質を向上させています。

飲食業界:オペレーション効率化の事例

飲食業界では、顧客対応の迅速化に貢献。予約受付自動化により、オペレーション効率化を実現しました。従業員は顧客サービスに集中でき、売上向上につながりました。

サービス業界:顧客満足度向上の事例

サービス業界でのCTI活用事例として、あるホテルチェーンが顧客データと通話を統合し、パーソナライズされた対応で顧客満足度を向上させました。予約時に好みを即座に把握して、サービス提供を迅速化することを可能にしました。
上記のように、CTIの活用を成功させた事例は「顧客対応の効率化」が鍵と言えるでしょう。CTIの強みと言える「一元化された顧客データベース」を通じて、各店舗のスタッフが顧客情報をリアルタイムで共有し、迅速かつ一貫したサービスを提供できます。このシステム導入により、顧客満足度が向上し、売上の増加にも繋がっています。特に多店舗展開を行う企業にとっては、コミュニケーションの質を高め、ブランド価値を向上させる重要な要素になることも大きな活用のメリットとなっています。

成功の鍵は、導入後の運用と継続的な改善

CTI導入後は、運用を見直し継続的な改善を図ることが重要です。改善を繰り返しながら顧客満足度向上を目指しましょう。CTI導入後の成果測定では目標を設定し通話データを分析します。得られた結果を基に常に最適化を進めていくことが重要です。例えば、通話時間の短縮や顧客満足度の向上など、明確な目標を設けることで、CTIの店舗向けメリットを最大化し、成功の事例を生み出します。また、店舗はリアルタイムで顧客の意見、フィードバックを聞き取る、受け取ることが可能です。それを分析・評価し、具体的な改善サイクルを生み出すことができます。これらを繰り返しながらCTIを効果的に活用することで、顧客満足度の向上やリピーターの増加へとつながります。

CTIの活用 まとめ

CTIの活用は店舗事業での事業効率化を図ることができ、人材不足が叫ばれるなかで非常に求められるシステムと言っても良いでしょう。店舗での活用を成功させるためのポイントは、顧客データの統合管理とスタッフのトレーニング。スタッフがCTIシステムを適切に使いこなせるようにするため、十分な研修を行い、顧客対応の質を高めることが成功の鍵を握ります。また、顧客サービスの向上と効率的なコール管理が可能になりますが、システムの導入後にも継続的な評価と改善を行っていくことが重要です。CTI活用は店舗の効率化を促進しますが、長期的計画が成功の鍵。導入すればすぐに成功するというものではありません。顧客データの分析を繰り返しながら、サービス改善に活かし顧客満足度を高めていきます。システムを利用しながら、店舗全体、スタッフのサービスに対する意識の向上を図ることも可能です。より良い店舗運営やスタッフの育成にCTIを活用してみてはいかがでしょうか。